離 婚 給 付

申込み当日は,当事者1名のみで手続できます。

離婚給付契約公正証書に必要な書類

 1】 申込み当日、当公証役場に提出する書類
  当事者夫妻(連帯保証人を付するときは、その者を含む)の印鑑証明書(3か月以内のもの)又は運転免許証,各1通。
  署名当日、本人の出席が原則ですが,やむなく代理人が来られる場合は、
①本人の実印を押捺した委任状(委任事項全てを記載したもの)と、
②代理人の印鑑証明書(3か月以内のもの)又は運転免許証。

  戸籍謄本(子の氏名・生年月日などを確認するために必要です)。
  当事者夫妻の話し合いで決めた内容の要点メモ
(未成年の子の親権・監護権者の決定、養育費の支払い期間と金額等、慰謝料・財産分与、年金分割等)。

  財産分与に不動産がある場合は、土地・建物の登記簿謄本と固定資産税評価証明書。
 【2】 署名当日に必要な印鑑
  印鑑証明書を提出している場合は、実印
  運転免許証を提出している場合は、実印又は認印(朱肉付けて押す印鑑)
 【3】 公証人による交付送達
    当事者本人や連帯保証人本人が公証役場に来て公正証書に署名捺印する場合には,公証人が公正証書謄本を債務者・連帯保証人に交付する「交付送達の申請」をすることができます。 
 公証人による交付送達の申請をしていただくと、債権者は、後日強制執行の手続の際、「郵便による特別送達」(郵便料金と約10日を要する)の手続を省略することができます。